FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

決算発表シーズンを終えて

2010/05/15 22:23:47 | 資産運用 | コメント:0件

3月決算上場企業の管理部門に勤務されている方は、先週でホっと一息ではないでしょうか?決算関連業務がひとまずピークアウトしたからです。4月から5月にかけて社内の決算業務を核として、決算短信や有価証券報告書の作成・提出、業界紙、アナリスト向けの決算説明会、株主総会議案の下作りなどで経理部だけでなく総務部、広報部、秘書室などの管理系各部署が毎年GWの休暇も削ってまで担当業務に追われます。経理・財務系に絞...続きを読む

債券インデックス投信の迷い

2010/05/14 00:00:00 | 投資信託 | コメント:0件

CMAMインデックスeシリーズ(以下CMAMeシリーズ)の先進国債券は、これまでのeMAXISシリーズ、三菱UFJ世界国債インデックス(年1回決算型)が持つ信託報酬最安値記録を下回る0.525%という水準です。これをみるとポジ・ネガ双方の以下雑感がまた浮かんできます。ポジ)先進国債券も信託報酬がまた下がってきた。ウシシ。積み立て先をCMAMeに乗り換えて、また続けよう。ネガ)相変わらず先進国株式を...続きを読む

CMAMインデックスeシリーズ(5)積み立て先として採用

2010/05/10 04:58:35 | 投資信託 | コメント:0件

(つづきです。今回でおわりです。)私がインデックス投資をはじめたおよそ2年前には、先進国株式インデックス投信の代表的な商品といえば、ステートストリート外国株式(信託報酬0.9975%。税別。以降同じ)くらいであり、それにくらべると今回のCMAM外国株式インデックスeは信託報酬がほぼ半分にまで下がっています。ここ2年で随分安くなりました。4月から販売開始したCMAMeシリーズですが、先進国株式と先進...続きを読む

CMAMインデックスeシリーズ(4)でるか新興国株式インデックス

2010/05/09 07:06:07 | 投資信託 | コメント:0件

(前回からのつづきです)今回、中央三井AMが新発売したのは日本株式、日本債券、先進国株式、先進国債券のいわゆる伝統的な四資産のみです。他社同様、シンプルに既存のマザーファンドへの投資形態をとることでローコストを達成させていることでしょう。ところが、こんにちインデックスファンドシリーズを立ち上げるには、インデックス投資家には魅力的なアセット商品が少なくとも一つ抜けていいます。このような前振りがなくと...続きを読む

CMAMインデックスeシリーズ(3)信託報酬、横にらみ

2010/05/08 23:12:47 | 投資信託 | コメント:0件

(前回からの続きです)インデックス投信派の私としては、上場インデックスコウサイ、上場インデックスエマージングの発売よりも注目している今回のこのCMAMeシリーズの発売ですが、その最大の着目点である信託報酬に絡めて想像してみたことがいくつかあります。先ず信託報酬そのものについて予想できることは、先進国株式アセットは三井住友アセットマネジメントの外国株式指数ファンド(以下SMAM)を明らかに意識してき...続きを読む

CMAMインデックスeシリーズ(2)発売開始の背景を勝手に想像

2010/05/07 04:53:29 | 投資信託 | コメント:0件

(前回からのつづきです。)中央三井AMによるCMAMインデックスeシリーズ(以下CMAMeシリーズ)の新発売は、その信託報酬の低さに着目すれば、インデックス個人投資家にとって、上場インデックスコクサイ、上場インデックスエマージング登場に続く、今年2発目のビックニュースではないでしょうか?そのCMAMeシリーズが発売されるに至った経緯を勝手に想像してみました。金融機関はお互いに商品の品揃えにおいて、...続きを読む

CMAMインデックスeシリーズ(1)インデックス投信リニューアル販売?

2010/05/06 05:35:10 | 投資信託 | コメント:0件

三井中央アセットマネジメント(以下三井中央AM)のインデックス投信は、STAMシリーズが発売されるはるか前から販売されていました。先進国株式インデックス投信を例にあげると、信託報酬は0.84%で、2000年代中頃まではPRUシリーズと並んでインデックス投信としてはそれなりの存在感があったのではないでしょうか。(その頃、私は家造りに没頭しており、資産運用どころではなく、これは想像の限りではありますが...続きを読む

教育資金の水準

2010/05/04 05:58:14 | 家計の管理と支出 | コメント:2件

明日はこどもの日なので、それにちなんで、今回は保険や家と同等に大きな出費である教育費について述べます。先ずWATANKOが考える必要な教育資金の前提となる進路設定ですが、2人の息子が中学迄は公立、高校は公立かあるいは進学するに値するところなら私立もOK。高卒後、大学一浪までは受容、大学は私立文系に入り、一人暮らしを4年間するという想定のもとに必要な資金の手当を考えています。上述想定進路では一人あた...続きを読む

(続)2010年4月末 運用状況

2010/05/02 05:18:05 | 運用状況 | コメント:0件

(前回からのつづきです)前回の続きとして、ファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたアセット別のパイ・チャートは以下のとおりです。また投信だけのものも作ってみました。<概況>4月に入り、日経平均株価、為替はほぼ横這い推移。どのアセットが稼いでいて、どのアセットが足枷になっているかも前月と変わらず。新規発売したCMAMシリーズを保...続きを読む

2010年4月末 運用状況

2010/05/01 22:48:14 | 運用状況 | コメント:0件

資産運用(インデックス投資)開始後2年1ヶ月経過しました。定額積立を続ける一方で、売却は未だゼロであるため、運用の元本は上昇の一途です。今月末はトータルの評価損益率が6.7%と前月(5.6%)よりもさらに改善し、最高益更新しました。アセット及び商品別にみた明細は以下のとおりです。(Notes)◆商品名は略称です。◆各アセット毎に、購入順に並んでいます。◆表中の金額単位は千円です。◆ETFはこれまでの分配金...続きを読む