FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
インデックス投資+半ば家業の不動産賃貸業のハイブリッド個人投資家です。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」-長期投資に資する一冊

2015/11/30 23:45:00 | 図書雑誌 | コメント:2件

(ひたすらつみたて)ひたすらつみたて投資の効能を唱える星野泰平氏の新著が発売されました。本著は前著 半値になっても儲かる「つみたて投資」を補強する内容であり、つみたて投資の最重要な点と心配事について、丁寧に解説されています。終わりで大きく儲かる「つみたて投資」目次ならびに概要は以下のとおりです。●プロローグ●第1章 つみたて投資は「最後」が重要●第2章 つみたて投資の序盤は重要ではない●第3章 つみたて...続きを読む
スポンサーサイト



(続)フィアット124スパイダー登場。その価値がわかるイタリアンよ、とくと堪能あれ

2015/11/28 00:46:48 | 自動車 | コメント:2件

画像引用元:Responce(イタリアンも待望のオープン2シーター)NDのシャシーを使って21世紀に甦ったフィアット124スパイダー。さてそのデザインは好みの側面もありますが、ハードウェアとしてはどうでしょうか。124スパイダーはNDのシャシーを使っており、タイヤサイズも同じであることから運転した感触はNDを大差ないと想像されます。そんな中でNDとの最大の違いはエンジンがフィアット製の直列4気筒の1.4リッ...続きを読む

フィアット124スパイダー登場。その価値がわかるイタリアンよ、とくと堪能あれ

2015/11/27 23:41:50 | 自動車 | コメント:0件

マツダ・ロードスターのようなオープン2シーターはニッチな顧客を対象にしているため、販売台数は、例えばトヨタ・プリウスの20分の1にすら及びません。それであっても開発費用と生産設備の償却費を回収するためには一定の台数をさばく必要があります。それがままならないと改良の手も加えられることなく、例えば現行の日産フェアレディZのように野晒し、放置状態になっていまいます。そんなところへきて3年前に、発端はわかり...続きを読む

2015年11月の積み立て購入商品

2015/11/24 04:51:00 | ポートフォリオ | コメント:0件

WATANKOのインデックス投信の積み立てですが、2015年のNISA分は先月で終了。今月はSBI証券の投信積み立てキャンペーンに応募要件を満たす分の積み立てのみ継続しています。年初にたてた2015年の投資計画では今年稼得する余裕資金+投資待機資金を原資として月額400~800千円の積み立て購入を行い、年間で4,800~9,600千円の投資を行うものでした。しかしながら年初に想定外の自動車購入を7月に行ったため、余裕資金のおよそ...続きを読む

(続)たわらノーロード 日経225登場-でもまだバットを振っちゃあいかん【追記あり】

2015/11/22 21:15:00 | 投資信託 | コメント:0件

(まだバットを振っちゃあいかん)(前回からの続きです)DIAMアセットマネジメントから低コストなインデックス投信のたわらノーロード(シリーズ)の第一弾として、日経225に連動するインデックス投信が信託報酬0.195%(税抜)にて発売されることになりました。低コストな商品を願う市井の個人投資家としては、願いに応えて発売された新しい低コスト商品を早速購入して、運用会社のマーケティングに応えたい(=さらに市場...続きを読む

たわらノーロード 日経225登場-でもまだバットを振っちゃあいかん

2015/11/21 09:23:34 | 投資信託 | コメント:2件

【11月20日終値ベース運用状況速報】■投資元本(待機資金含む)66,000千円■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)35,809千円■損益率54.3%☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆(たわら祭り、どれだけ盛り上がるかは運用会社次第です。)噂されていたDIAMアセットマネジメント(以下、DIAM)から低コストのインデック投信シリーズの第一弾として日経225インデックスに連動する「たわらノーロード日経225」の発売開始...続きを読む

BNDからの2015年11月分分配金+今月の債券雑感

2015/11/20 04:55:38 | ETF | コメント:0件

WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。さてBNDから2015年11月分の分配金が入金されました。税引き後で244.40ドルです。これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。続きまして債券に関する雑感です。国内外の債券のインデックス投信の信託報酬も、ここのところの三井住友アセットマ...続きを読む

今般のインデックス投信の低コスト競争を取り巻くいろいろなテーマ

2015/11/19 11:06:49 | ブログ運営 | コメント:0件

【11月18日終値ベース運用状況速報】■投資元本(待機資金含む)66,000千円■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)35,191千円■損益率53.3%☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆三井住友アセットマネジメント(以下、三井住友)とニッセイアセットマネジメント(以下、ニッセイ)のインデックス投信の信託報酬の引き下げによる低コスト競争が勃発して以降、インデックス投資ブロガー諸氏が様々な反応と関連するテーマをブログ記事や...続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました

2015/11/16 05:44:09 | イベント | コメント:0件

(今年も投票をすませました。)今年で9年目を迎える「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の投票期間がスタートしました。WATANKOも今年で6年目となる投票を行いました。投票方法は以下サイトに紹介されております。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」投信ブロガーの皆さんにおかれましては、上記サイトをご参照のうえ、期日までにぜひ投票しましょう。とくにここ1~2年は新しい投信ブロガー(含む素...続きを読む

(続)ニッセイ、信託報酬最安値の座 2015

2015/11/15 14:33:26 | 投資信託 | コメント:0件

(果たしてニッセイの三日天下に終わるのか?)ニッセイアセットマネジメント(以下、ニッセイ)が楽天証券&三井住友アセットマネジメント(以下、三井住友)のDC専用投信の一般販売化に対抗して、自社の<購入・換金手数料なし>シリーズの中で競合する商品の信託報酬を引き下げてきました。その引き下げっぷりは大胆です。もともと<購入・換金手数料なし>シリーズの各商品は一般公募型のインデックス投信の同種商品の中で信...続きを読む