FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

賃料未払いをやらかしてくれた賃貸先への対応はスーパードゥライ

2016/01/11 20:26:48 | 不動産投資 | コメント:0件

(信頼関係が崩れてしまった相手と再びこうして握手を交わす日はもうやってこないのか。)WATANKOはサラリーマンである一方で、家業ともいうべき不動産賃貸業を手掛けています。ただし個人事業主ベースであり、積極的に不動産を買い付けこれを運用するといったことはめったにせず、基本的には現在所有する物件からの収益を確保することが中心である自称“パッシブ不動産投資家”であります。関連記事不動産投資にも“パッシブ”運用が...続きを読む

確定拠出年金用投信の2015年12月末状況

2016/01/10 23:16:11 | 運用状況 | コメント:0件

WATANKOの勤務先では2007年1月から確定拠出年金を導入しており、制度開始当初はメガバンクの3年定期預金を選んでいました。その後、余裕資金でインデックス投資を開始したことにあわせて、確定拠出年金でも日本株式、先進国株式、先進国債券のインデックス投信とインデックスファンドを組み合わせたバランスファンドの合計4本でもって積み立て開始しました。その後、積み立て購入を先進国株式インデックス投信1本に絞り、その...続きを読む

シンガポールCPFの紹介

2016/01/09 22:38:19 | 資産運用 | コメント:2件

(隣の芝生は青くみえるものなのかもしれません)前回記事で「資産運用の制度はシンプルで柔軟性のあるものが良い」と述べましたが、ところで日本においてはいろいろな年金および社会保険などの制度が整っています。しかしながらそれら制度は各々複雑な体系を成しており、そこにNISAなど新しい制度を追加導入しようとすれば既存の制度とどう整合をつけるかというこれまた複雑さが増す話になってしまいます。もっとシンプルで、...続きを読む

【お詫びと訂正あり】ジュニアNISAよりも本家NISAの拡充をお願いします

2016/01/07 23:32:00 | 資産運用 | コメント:4件

NISA(少額投資非課税制度)は今年3年目を迎える2016年、拡充が図られます。その内容はというと年間非課税投資枠が1,000千円から1,200千円に増額されること、そして親や祖父母が18歳未満の子供の名義で投資を行い、資産形成を行うジュニアNISAの開始です。年間非課税投資枠の総額は歓迎ですが、ジュニアNISAはいかがなものでしょうか。■ジュニアNISAとはジュニアNISAの概要につき、NISAとの比較で持って...続きを読む

NISA 2015年末運用状況

2016/01/05 22:43:00 | 運用状況 | コメント:0件

2014年にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)は2015年末で丸2年を迎えました。WATANKOは制度開始から自身のポートフォリオの一部として活用してきています。関連記事NISAはポートフォリオの一部として、シンプルに活用具体的には新興国株式クラスを対象に実質コストが最安水準の野村インデックスファンド新興国株式(以下、Funds-i新興国株式)を積み立て投資しています。ただ2014年12月の購入分はうっかり、Funds-i新...続きを読む

2015年12月末運用状況

2016/01/03 09:05:36 | 運用状況 | コメント:0件

日経平均は2万円がやや遠のき、為替も11月末に比べちょいと円高で2015年を締めました。結局日経平均は2015年中、2万円を超えた時期もありましたが年間を通じて定着はしませんでした。今年2016年はどうなるでしょうか。米国は利上げで金融引き締めの姿勢を垣間見せましたが、日本と欧州はまだ金融緩和ムード下にあります。原油価格の動向もどうなることやら。・・・などと個人投資家が一丁前に世界経済の動向について何がしかの予...続きを読む

2016年、ブログスタート

2016/01/02 07:51:32 | ブログ運営 | コメント:0件

(2016年の初日の出です。<本文参照> 今年もよろしくお願いします。)当ブログへお越しの皆様、2016年あけましておめでとうございます。昨年同様、南関東において年末年始はとても良い天気が続いています。おもわずWATANKOは元日には早朝、海まで初日の出を拝みに出かけました。冒頭の写真はその時のショットです。当然ながら愛車NDロードスターで、当然ながらオープンにして、そして当然ながら家族は誰もWATANKOに付き合って...続きを読む