FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
インデックス投資+半ば家業の不動産賃貸業のハイブリッド個人投資家です。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

またひとり、不動産投資+インデックス投資を実践した個人投資家ブロガーを発見

2017/06/28 23:49:16 | 不動産投資 | コメント:0件

【6月27日終値ベース運用状況速報】■投資元本(待機資金含む)76,000千円■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)41,475千円■損益率54.6%☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆(おっ、WATANKOによく似た個人投資家を発見なり。)個人投資家の間で米国株投資と並んでいま熱いのが不動産投資、と勝手に分析する駄ブロガーWATANKOですが、先日、とある個人投資家ブロガーの方からお願いを受けて相互リンクを貼らせていただきました...続きを読む
スポンサーサイト



直近1年に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2016年7月~2017年6月

2017/06/26 05:36:38 | ブログ運営 | コメント:0件

(直近1年間で最も読まれた当ブログ記事はコレです。)著名な個人投資家ブログの真似事ではありますが、今回はこの駄ブログで2016年7月~2017年6月までの直近1年間にて多く閲覧いただきました記事のトップ10を紹介致します。(ちなみの当ブログでは半年おきに直近1年間でのアクセス数トップ10記事を紹介しています。)先ずは第10位から第6位まで。★第10位 確定拠出年金-2016年12月末運用状況&10年間の振り返り(20...続きを読む

2017年6月の積み立て購入商品

2017/06/24 05:32:10 | ポートフォリオ | コメント:2件

【6月23日終値ベース運用状況速報】■投資元本(待機資金含む)76,000千円■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)40,646千円■損益率53.5%☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。積み立て購入にあたってはSBI証券を利用しています。月に1度、ログインして注文を出...続きを読む

米国株への集中投資を選んでも良いがリスクコントロールを忘れずに

2017/06/20 23:56:27 | 資産運用 | コメント:0件

(投資先といえば、やっばり米国!?)ここのところ株式相場が好調、ドル円の為替相場も安定しているとあって、個人投資家ブログの間では上昇気流にもっとのらんばかりと、中でも特に調子がよい米国株への集中投資を実践するところが目につくようになりました。そこへきて相互リンクいただいているフクリさんから、ブログ記事閲覧者に向けて株式は幅広く分散した方がよいのか、米国への集中投資がよいのか、みなさんはどう思われま...続きを読む

インデックス投資ナイト2017のチケットを入手

2017/06/17 19:21:25 | イベント | コメント:0件

(今年もやってきました。このイベント)本日、WATANKOはインデックス投資ナイト2017のチケットを無事購入することができました。参照サイトインデックス投資ナイトさて、このチケット購入の過去経緯はというと、2015年の初参加の時、お出かけ先の海の近くのファミマにあるファミマポートからチケットを購入しました。2016年の2回目の時、自宅がある市内にある一番お客が少なそうなファミマを選んで、そこのファミマポートからチ...続きを読む

BNDからの2017年6月分分配金

2017/06/15 23:53:48 | ETF | コメント:5件

【6月14日終値ベース運用状況速報】■投資元本(待機資金含む)76,000千円■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)39,487千円■損益率52.0%☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。さてBNDから2017年6月分の分配金が入金されました。税引き後で247.85ドルです。これまでの推移は以下のとおりで...続きを読む

お弁当を持参するサラリーマンに対して感じる限りないコンプレックス

2017/06/13 04:55:38 | 家計の管理と支出 | コメント:4件

(手作りお弁当、最高っす!)さて前回まで続いた数千万円規模の不動産の話の次は、5桁少ないお金で買える弁当についての話であります。WATANKOは電通とかゴールドマンサックスに勤務しているわけではなく普通のサラリーマンです。べらぼうな高給取りというわけではありません。したがい本多静六やトマス・J・スタンリーを見習って節約に励む必要があります。さて節約を日頃心掛けたいサラリーマンにとっては必須の支出のひとつ...続きを読む

父が遺した最後の賃貸契約の終焉④-新しい賃貸先みつかる

2017/06/11 05:08:22 | 不動産投資 | コメント:0件

(前回からの続きです。今回で完結です。)長年、店舗を賃貸してきたJ社が今年になって退去することが決まりました。そこでWATANKOは次の賃貸先を探さねばなりません。■新しい賃貸先今回空き物件となる飲食店舗位は鉄骨造りであり、まだまだ利用が可能といえる物件でした。したがいWATANKOはJ社の退去について詳細を含めて最終決定する前から、いくつかの不動産業者や店舗開発業者に声をかけて、居抜き(店舗の内外装をある程度...続きを読む

父が遺した最後の賃貸契約の終焉③-退去に至る道

2017/06/09 04:54:16 | 不動産投資 | コメント:0件

(前回からの続きです。)東日本大震災にて被害をうけたJ社は経営危機に陥り、賃借先の店舗オーナー達に対して賃料の支払いの遅延を引き起こしました。WATANKOはこの事態がどこまで深刻になるか読めず、その収拾と今後の管理マンパワーの削減のために不動産業者K社に管理を委託することにしました。■悪化する関係、そして退去へK社は地元で古くからある不動産業者であり、現在は若社長(といっても40代)が2代目として、老舗...続きを読む

父が遺した最後の賃貸契約の終焉②-経営会社の破綻と次の担い手

2017/06/07 04:53:06 | 不動産投資 | コメント:2件

(前回からの続きです。)WATANKOが新社会人になった1991年に、父は土地区画整理事業の結果、新たに手に入れたロードサイドの土地を使いイタリアンレストランを始めました。背後には新興住宅街があり、目立つ競合店もなく、また地方都市ではもの珍しかったため、当初はとても繁盛しました。しかしこうした順風満帆な時期は10年と続きませんでした。■経営会社の破綻父が賃貸契約した飲食業経営会社E社によるイタリアンレストラン...続きを読む