FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

「置くだけ」投資とはいうものの、なんともショボイものばかり

2016/05/31 00:25:00 | 不動産投資 | コメント:0件

A0055_000424

(コインランドリーって、はたして儲かるのだろうか)


不動産投資というと、住居や商業店舗を取得して賃貸に供して収益をあげることが先ず思い浮かびます。しかしそれらだけが不動産投資ではありません。世の中には色々な不動産投資があるものです。

参照記事
日本経済新聞 マネー研究所
駐車場、自販機、太陽光…「置くだけ」投資で不労所得


上記記事では所有する空きスペースを活用したマイナー?傍流?な不動産投資について紹介しています。

たとえば駐車場。初期投資が抑えられる、立体駐車場ならより高い収入も狙える、最近ではカーシェアリング駐車場として活用する展開もあり等と紹介されています。

駐車場であれば、上屋がないので上記の他にも将来、別の活用方法を考えた時に転用が容易でもあることから、不動産投資としては無難なひとつの対象になりえます。

さらに記事では太陽光・風力発電、自動販売機、コインランドリーなどが紹介されています。色々と紹介されてはいることは面白いのですが、それぞれの投資対象についてよく読むと書いてあるのは次のとおりです。

▼太陽光発電の買い取り価格は年々下がっており、将来的には投資対象としての妙味が薄れていく。

▼小型の風力発電は買い取り価格は高いが、立地は風の強い海沿いなどに限られる。

▼自動販売機はコンビニに押されて売り上げは減少傾向にある。

また立体駐車場の機械設備、太陽光発電用のソーラーパネル、コインランドリーの建屋・什器については、設備投資の負担が心配になるでしょう。

なかにはこれらの投資のために資金借入をするケースもあるでしょうが、収入が思うようにあがらない場合、借入の返済に支障が出かねません。

資金繰りが厳しくなって、こんなことを起こさないようにしたいものですね。

参照記事
産経WEST
11万円着服した51歳中学教諭を懲戒免職、福岡市教委


今回の日経新聞の記事にかかれた投資先は、総じていえば採算性に関しては安心できない、ちょっとショボイものばかりだということが率直に読みとれます。

なかなか儲かる話は転がっていないものです。

(あとがきにかえて)

妻ミサト「え、新聞記事にイチャモンつけただけで今回はお終い?お終いなの?」

WATANKO「続きは不動産投資DEAD OR ALIVE 第6話『不動産投資には不労所得をどれだけ期待できるか』で書くことにします。Coming Soon!」

妻ミサト「でも、この記事に続きはあっても、私たち夫婦にはたして続きがあるかしらね。」

WATANKO「!!!」
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する