FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

(続)eMAXIS全世界株式インデックス(除く日本)に想うこと

2010/07/09 00:53:13 | 投資信託 | コメント:0件

前回、eMAXIS全世界株式は先進国株式と新興国株式のインデックスのセット販売であるならば、そこに売上増を本気で見込むのであれば、信託報酬はバラ買いと同じ0.63%ではなく、もっと割安にすべきと書きました。

さらに補足するとなれば、心理面から次のようなことも想像できます。

インデックス投資は他の投資法と比べて、よく簡単で退屈といわれます。そんな中での数少ない楽しみが、アセットアロケーションをどうするか、あれこれ考えて、時には変えていくことではないかと思います。eMAXIS全世界株式やその他のFOFインデックス投信は、こうした楽しみ(悩み?)を奪う更に退屈な商品です。であるならば信託報酬がバラ買いよりも安いなどのインセンティブを設けないと売れないと思います。

私なら、eMAXIS全世界株式(含む日本)を、楽天資産形成ファンドおよびCMAM外国株式インデックスeと同等の信託報酬0.525%で販売します。(売る側のコストを無視した話ですが)

以上、前回から運用会社にキビシイ事を書きましたが、公平な視点から、インデックス投資家にも疑念を投げかけておきます。

インデックス投資家の皆さんは、新発売されるこのeMAXIS全世界株式を果たして本当に買う気があるのでしょうか?

インデックス投資を既に行っている個人投資家は、自らの判断基準にもとづき百人百様のアセットアロケーションをもっていると思われます。そこにこれからeMAXIS全世界株式をわざわざ組み込むのでしょうか?

「全世界株式インデックスがあったらいいよね。選択肢はとにかく多いほどいいよね(でも自分は直接買わないけど)」程度のノリでアンケートに回答しているとしたら、ちょっと残念に思います。

三菱UFJ投信もインデックス投資家が、実際には買いもしない投信を「あったらいいよね」程度の意識でもってアンケートで要望出さないでくれと言いたくなってくるかもしれません。

インデックス投信のFOFの大半がさして売れていない状況下、このeMAXIS全世界株式もそれほど売れないと私は想像しています。期待できるのは、インデックス投資を始めたばかりの人が「とりあえずコレ買っとくか」と触手を伸ばすくらいでしょうか。

それでもeMAXISのラインナップをとにかく増やしたい運用会社担当が、アンケート結果をタテに企画を通しただけかもしれません。「セゾンには敵わなくても、eMAXISインデックス投信を少しでも多く売りたい。すご6や世界経済くらいは追い抜きましょう。部長!」てな感じ。

さらに志を変えてみるとすれば、実際には、この投信の新発売は、eMAXISシリーズ(三菱UFJ投信)がインデックス投資家に、「アンケート結果にキッチリ応えるeMAXISシリーズ(三菱UFJ投信)をよろしく」というプロモーション的意味合いしかないのかもしれません。

私はというと、三菱UFJ投信のアンケートでは新興国債券を希望しました。おそらく発売されれば、現在積立購入しているSTAMシリーズよりも信託報酬が安いことが期待できるからです。そうなれば積立先を即、乗り換えるつもりでした。大マジです。

最新時点ではSTAMの同商品が先手を打って信託報酬を0.63%<おそらくeMAXISと同水準>に引き下げてしまったのでどうするかわかりませんが。

もしeMAXIS全世界株式が、私の予想に反してバカスカ売れたら、運用会社とインデックス個人投資家とのリレーションシップは真に価値あるものになってきたと言えるでしょう。

※関連投稿 ワールドインデックス投信
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する