FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

BNDからの2019年9月分分配金

2019/09/12 22:38:00 | ETF | コメント:0件

【9月11日終値ベース運用状況速報】


■投資元本(待機資金含む)


  150,000千円


■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)


  61,187千円


■損益率


  40.8%


 



 


WATANKOは外国債券のETFであり、自身のポートフォリオに組み込む価値があると判断しているBNDのバイ&ホールドを実行中です。


 


さてBNDから2019年9月分の分配金が支払われました。税引き後で459.87ドルです。


 


これまでの推移は以下のとおりです。


201909301


 


次に債券に関する雑感です。


 


資産運用を長期に渡って継続するとやがて年齢を重ねてくるので、とることが出来るリスクが徐々に限られてくるという定説があります。それに従えば、自身のポートフォリオの中でリスクが大きい株式クラスの比率について、加齢に合わせて徐々に引き下げる手法もまた伝えられています。


 


では株式クラスを引き下げた代わりに、その資産を何に振り向けるか。それは債券クラスですか。


 


そこで(前月の本記事からのコピペになりますが)「ポートフォリオのリスクはキャッシュ割合で調整するから債券ファンドは不要」と相変わらず唱える方がいてもおかしくはありません。


しかし5~6%と言われる期待リターンをもつ株式クラスから、実質的にリターンゼロであるキャッシュに一足飛びに切り替えることに躊躇はありませんでしょうか。キャッシュに切り替えた分についてはニンマリ(含み益)もチャリンチャリン(配当・分配金)もなくなるわけです。


そのようなあまりにも寂しくなる資産の置き方よりも、株式に比べて良い塩梅程度にリスクが減っている債券クラスを再考してみる価値があるのではないでしょうか。


 


国内の公募投信ならばインデックスだけでなく信託報酬最安値に連動しているeMAXIS Slim 国内債券インデックス、海外ETFならWATANKOがバイ&ホールドしているこのBNDほか徹底的にローコストないくつかの商品が挙げられます。


インデックス投資家のたしなみとしては、これら債券クラスの商品のプロファイルくらいは頭に入れておいた方が良いでしょう。




end

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する