FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

BNDからの2019年6月分分配金

2019/06/12 23:36:09 | ETF | コメント:0件

【6月11日終値ベース運用状況速報】


 


■投資元本(待機資金含む)


 


150,000千円


 


■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)


 


50,538千円


 


■損益率


 


33.7%


 


[E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606][E:#x2605][E:#x2606]


 


WATANKOは外国債券のETFであり、自身のポートフォリオに組み込む価値があると判断しているBNDのバイ&ホールドを実行中です。


 


さてBNDから2019年6月分の分配金が支払われました。税引き後で473.03ドルです。


 


これまでの推移は以下のとおりです。


201906301


 


 


さて、債券に関する雑感です。


 


積立NISAで対象となる商品は公募株式型または複数指数(バランス)型の投信とされています。つまり債券型のファンドは対象外というわけです。


債券という資産クラスは元来の特徴としては値動きも比較的穏やかで、堅実な投資先でありますが、こと日本の投信の世界においては債券型といってもハイ・イールド債や3階建てといった債券でもハイリスクな商品が目立ちます。これらは多様なリスクが重層的にあり購入者には理解することが難しかったり(=リスクを正しく捉えられない)、高いコストがリターンを損なっています。金融庁としてはこれらを排除しようとした結果、債券型が除外されたのでしょうか。


 


WATANKOとしては株式型のスクリーニングと同じ条件を適用することにより債券型も積立NISAの対象にしてよいと思いますが、ちょっと残念です。


 


それでもきっと多くの個人投資家が良質と認めた債券型ファンドであれば、積立NISAに寄らずに資金が流入していくことでしょう。


 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する