FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

潜入!シニア不動産投資家達のサバト Part2

2019/12/03 21:44:00 | 不動産投資 | コメント:0件

12月2日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

 150,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

 72,052千円

■損益率

 48.0%



IMG_3110


(懇親会の会場に到着)

 

WATANKOは手持ちの不動産物件の中にアパートを一棟保有しています。そのアパートの募集と管理を委託している業者からアパートオーナーを集めた懇親会のお誘いを受け、これに出席してきました。

 

実はこの懇親会、昨年に続き出席は2回目です。

 

関連記事

潜入!シニア不動産投資家達のサバト(2018/12/2)

 

今回は妻ミサトを誘って出席しました。事前に妻の苦手な食材を伝えておくと、妻向けのメニューに配慮してくれました。感謝です。

 

■レギュラーメンバー、今回も出席

 

さて当日、会場に到着してみると、そこには前回とほぼ同じアパートオーナーの顔ぶれがありました。

 

前回記事に掲載した出席者イメージを再掲します。


sabato

 

この中で「やり手のマダム」は今回、旦那様を伴っての出席です。夫婦揃って比較的派手な格好で目立っています。マダムの首元にはネックレスがジャラジャラ、旦那様は赤いブレザーがキマっています。

 

この懇親会はそれほどフォーマルな集まりではないのですが、お二人は目立っておりました。ちょっと世間話をするには躊躇われるオーラを発するお二人。何しに来たのだろう・・・。

 

一方、隣の妻をみるといつの間にか向かいに座っている「話好きな好々爺タイプ」のおじいさんと楽しく会話しているではありませんか。

 

妻が愛想よく会話しながら聞き出した内容によると、おじいさんは奥さんを既に亡くし、子ども夫婦とは別居しているため今では屋敷に一人暮らし。アパートは3棟所有しており仕事を辞めた後も、悠々自適に暮らしている。趣味も特になく毎日暇で、楽しみは日本酒一杯の晩酌だそうです。

 

普段、話す相手があまりいないせいか妻との会話でどんどん身の上話が出てきます。

 

妻の飲食が進まないので、途中からWATANKOが替わりに相手をしました。

 

■台風、大雨の被害甚大

 

アパート業者との会話での話題はなんといっても9月から10月にかけて、アパートオーナーの多くが被った台風、大雨の被害です。

 

アパート業者が管理する物件のうち、300件を超える物件で修繕の相談があったとのこと。

 

今秋のような勢力の強い台風や大雨が今後、何年間も来ないとは限りません。よってアパート業者としてはオーナーのサポートのための対応マニュアルを整備すると言っていました。

 

またオーナー側としても、これまで修繕向けの資金積み立てをやっていなかった方は是非ともやるべきでしょうし、今まで資金積み立てをしてきた方についても、その金額の増額を考えてもよいでしょう。入ってきた家賃を全額たちまち使ってはいけません。

 

(あとがきにかえて)

 

懇親会が終わって解散する時、好々爺タイプのおじいさんは我々に「今日はたくさん話ができて楽しかった。ありがとう。」と伝えて、たいそうご機嫌な様子で帰られました。

 

高齢のアパートオーナーはアパートを持つことはできても、既に家族は傍にはおらず話し相手を持つことは限られている、ちょっと孤独な存在なのか。

 

自転車を引いて帰路につくおじいさんを妻と一緒に見送りながら、WATANKOはそう思い浮かべるのでした。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する