FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

2020年2月の積み立て購入商品

2020/02/15 21:04:00 | ポートフォリオ | コメント:0件

【2月14日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

150,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

84,765千円

■損益率

56.5% 



 

WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

 

2020年は月額積み立てを400千円に設定しております。がしかし前月1月は前年の自動積み立て設定(月額600千円)のままで期日前の変更を怠ってしまい、結局600千円購入してしまいました。

 

よって今月は1月の購入分に対する調整を行うため、変則的に購入額を200千円としています。

 

さて積み立て購入商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

 

Notes)表中の金額単位は円です。

20200229表2 

 

 

さらに2月の仕入れの結果、1月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

 

Notes)

*表中の金額単位は円です。

20200229表3 

 

さてSBI証券は2019年にてSBIポイントのサービスプログラムが終了しました。それに代わるポイントプログラムとしてTポイントが付与されるサービスが既に昨年からスタートしています。

 

WATANKOはSBI証券のソーシャルレンディングに連携させることでSBIポイントを1.2倍に換算して現金交換できる特典を最後まで利用していました。それも終わってしまったので2020年からはTポイント付与のサービスを選ばざるを得なくなりました。

 

今更説明するまでもありませんが、このTポイントは様々な店舗でポイントが貯まるので便利です。WATANKOが2年前までいた勤務場所では同じビル内にファミリーマートがあり、朝も昼も夜もよく利用しました。(おっと断固節約のピューリタンから怒られそうですね。)

 

ファミリーマートでは多額を使うのでポイントが2倍、3倍になる特典も利用できましたし、そもそも以前は100円で1ポイント、つまり還元率1%と良好でした。最近では還元率が0.5%に減ってしまったのは残念です。

 

また参加企業がそれぞれ独自ポイントサービスを導入する動きもみられますが、一方で吉野家などでも使えるなど依然として広範な飲食業、小売業等で採用されているポイントサービスの横綱です。

 

Tポイントを使ってこれからはニッセイや三菱UFJのファンドを買い込むこととしましょう。

 

(あとがきにかえて)

 

妻ミサト「・・・フフフ、私はイオン派よ。さあ私のWAONを渡すからタップリとチャージしてきて頂戴!それとあなたが持っているイオンカードに貯められたポイントも私に頂戴!」

 

WATANKO「嗚呼、イオンが近くにない街に引っ越そうか・・・。」

 

我が家から徒歩10分のところにイオンモールの灯りが煌々と。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する