FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

VTI購入-通算3度目の追加買い

2020/03/24 22:19:00 | ETF | コメント:0件

コロナショックによって世界の株式相場がダダ崩れ、バーゲンセールに突入してSNSの投資クラスタも色めき立っております。その中にあって安値仕入れに走る方、更に下がるのを待つ方、悲観した挙句にしなくても良い損切りする方と色々と見かけます。

 

WATANKOが保有するバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)もまた基準価額が猛烈に下がり始めました。そこで残っていた円預金の一部と外貨預け金を投じてVTIの追加買いを行いました。

 

VTIは20178月に当初2,600株を購入してから以降、20188月、20191月と2度に渡って追加買いを行いました。今回はそれらに続く3回目の購入となりました。

 

具体的には317日に成行指定にて200株購入したのですが、基準価額が大きく下がり資金が残ったため19日に更に30株、あわせて230株購入しました。

 

これまでの購入分の3,960株(収益分配金の再投資も含む)とあわせてトータル4,190株となりました。

 

またこの結果、2回目の追加買い時点に比べて平均購入単価はほんのわずかですが低下しました。

 

購入時及び累計の基準価額、投資元本合計などは次のとおりです。

20200324表1 

 

VTIの基準価額はWATANKOが追加買いしてから以降も更に下がり続けています。その意味からすれば、今回の追加買いは「落ちてくるナイフをつかみに行った」ことになりますが、ナイフがいつ床にまで落ちるかわかるくらいであれば苦労はしません。

 

どんな時であってもとることが出来るリスクの範囲内で余裕資金ができたら買いに走る。


市井の個人投資家ができることと言えば、そんなことぐらいです。

 

さて1年後は、2年後はどうなっていることやら。悲観も楽観もすることなく悠然と構えていきましょう。




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する