FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

BNDからの2020年5月分分配金

2020/05/16 10:00:00 | ETF | コメント:4件

515日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

150,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

51,889千円

■損益率

34.6%

2020年2月14日比評価損益増減

 ▲32,876千円


 

WATANKOは外国債券のETFであり、自身のポートフォリオに組み込む価値があると判断しているBNDのバイ&ホールドを実行中です。

 

さてBNDから2020年5月分の分配金が支払われました。税引き後で424.60ドルです。


20200531表1


次に債券に関する雑感です。

 

コロナショックが起こる以前ですが、とある米国株ブログの記事を拝見しました。そこでの要旨はコスト(信託報酬)がかからない米国の個別株をバイ&ホールドし続けることによって、たとえ保有株の価額が大幅に下落しようとも、しっかり配当をもらえることで老後の生活資金が補填できるというものでした。

 

インカムゲインはとっておいて再投資にまわす方が良いと頭でわかっていても、目の前に差し出された現金(配当金)はかくも魅力的なのかと今更ながら感じました。

 

投資のリターンはキャピタルゲイン+インカムゲインのトータルで測るものという原則に照らせば、「株価の暴落は無視してOK、配当がしっかり出る(米国株だ)から安心」という考えには違和感があります。

 

例えば老後の生活費の補填として月100千円、年間1,200千円を配当収入で得たいとするならば、配当率1.5%では80,000千円分の個別株式が必要です。保有株が暴落をうけて20%棄損した場合、▲16,000千円となりますが、そのような多額のキャピタルロスをくらっておいて、配当が引き続き1,200千円もらえてラッキーと喜ぶことが正しいのでしょうか。

 

配当金を10年分、12,000千円貰っていても、一方でその間16,000千円のキャピタルロスが続くとすれば、トータルでは4,000千円の損失であります。これでニッコリできますか?

 

配当金もしくは分配金をもらって素直に喜べるのは、投資元本の変動が小さいことが前提です。

 

その意味では株式よりもずっと値動きが少ない債券から得られる分配金であれば心おきなく生活費として使い切ることができる可能性が高いです。

 

コロナショックが起きてから、件のブログにアクセスすると更新がずっと止まったままでした。南無。

 

このブログが管理者のかつての投資を記録した墓標とならなければ良いのですが。

 

関連記事

配当金はほんの一部、そしてかりそめのリターンにすぎません(2016/6/14)

 

(あとがきにかえて)

 

妻ミサト「・・・(沈黙)」

 

WATANKO「ショッピングに出かけられなくて、エナジーが切れているね。」

 

妻ミサト「・・・(無言)」

 

WATANKO「東京都の新規感染者数もだいぶ減ってきたことだし、もうすぐ緊急事態宣言が解除されるかもしれないよ。それまで頑張れ!BNDとVTIの分配金も貯まっているぞ!」

 

妻ミサト「(ガバッと起きて)そうね!!!」

 


スポンサーサイト




コメント

2020/05/17(日) 07:49:43 | URL | オークX32 #-
「BNDを効果的に、活用する」
65歳時点で債権中心にアセアロを切り替えたのは、「インカムゲイン」
狙いがありました。しかし株式市場に「ショック」は必ず来ると確信
していました。そこで、高配当株式にリバランスして「インカム」➕
「キャピタル」を狙うアセアロに戻す計画でした。

現時点での米ドル資産運用における行動指針を考えてみました。
① 支給される年金はドル転しVYM、VDEを購入する。
② 支給される賞与はドル転しVYM、VDEを購入する。
③ 6月、12月に取り崩す確定拠出はドル転しVYM、VDEを購入する。
④ BND価格をトレースし売却して、VYM、VDEを購入する。

①から③は、ルーチングで定期的に行います。
④は、市場状況を勘案しながら、機動的に行います。(二番、三番底)
配分は、BND6 : VYM3 : VDE 1

新型コロナショックで米政府は3兆ドル(320兆円)の財政出動を行いました。
更にトランプはマイナス金利で国債金利を下げろとパウエル議長に圧力を
かけています。この先、債券の安全神話が続くのか、米ドルの優位性は続
くのか、注視しながら資産運用を継続します。


Re: タイトルなし

2020/05/18(月) 22:13:43 | URL | WATANKO #/uTO8teo
オークX32さん

コメントありがとうございます。
VDEですか。。。私ならエネルギーセクターは保有すべきかとても迷いますね。

結局「市場全体に投資」となりそうです。

2020/05/19(火) 09:23:13 | URL | オークX32 #-

VDEを買う理由
① 歴史的な安値状態
2015年5月 111ドル 興味を持ち始めた頃。(まだ買って無い
2016年1月 75ドル 初めて購入して頃
2016年2月 73ドル 追加購入した頃
2018年5月 107ドル 興味を持ち始めた頃に値を戻した。
2020年3月20日 33.20ドル 大暴落
2020年5月19日 51.85ドル 本日価格
111ドルの半値が55ドル 55ドル以下なら買っても損は無いと思っている。
②比較的高配当なところが魅力
VTI 1.65% VYM 2.85% VDE 5.22% (ブルームバーグ調べ)
③エネルギーは、人々の生活には欠かせない。
新エネルギーの開発は有ると思いますが、当分は化石燃料に頼らざるを得ない。
様々なショックが、株価に影響を与えるが、ゼロにはならない。
④想定される懸念
エネルギーは、産油国の政治的な思惑で大きく価格変動する。
OPEC諸国、アメリカ、ロシア、それぞれの利害関係が複雑。
地政学的なトラブルが、発生すると価格が大きく動く可能性がある。

オークにとって、大切なのは「買う時」「買う値段」「買う理由」
余生を生き生き楽しく過ごす、モチベーションです。自己責任で
買える範囲で、投資を楽しみます。

Re: タイトルなし

2020/05/19(火) 17:46:11 | URL | WATANKO #/uTO8teo
オークX32さん

なるほどよくわかりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する