FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

私の好きな2020年代のスーパーカー

2020/06/21 15:24:00 | 自動車 | コメント:0件

子どもの頃に憧れを持つことができた大人はひとつ幸せかもしれません。具体的なモノを所有すること、何かの職業につくこと、好きなあの子とケッコンしたい、送ってみたい暮らし方etc

 

いつかはそれを叶えたいですし、それが日々の努力と我慢を乗り込える原動力であります。

 

WATANKOが子どもの頃に憧れたものはいくつかありましたが、そのひとつがスーパーカー。雑誌やTV、そしてごくたまに実物を見かけるスーパーカー、あんなすごい性能とかっこいいデザインの車を操れたならさぞかし楽しいだろうなあ。

 

子どもの頃に好きだったスーパーカーを取りあげてみた記事です。

 

関連記事

私の好きな70年代スーパーカー(2011/9/22)

 

そして以前、資産運用の成果として実際に購入を検討したいモデルをあげてみました。

 

関連記事

私の好きな2010年代のスーパーカー(2013/8/18)

 

ちょうど1年前には昔と今の好きな車を紡ぐ記事も書いています。

 

関連記事

リタイアに備えて車趣味の源流をたどりはじめる(2019/6/23)

 

今回は最新のスーパーカーから購入するモデルを選ぶとしたらどれにするか、半分妄想、半分真面目な購入検討記事です。

 

まずは購入検討におけるいくつかの条件です。

 

★デザインに惚れる

 

スーパーカーのデザインには空を飛びそうなもの、高性能を予感させるようなもの等様々ですが、デザインが気に入らないモデルは絶対に選びません。

ここではやはりイタ車が派手ですし、独車の地味さ・グロさ、英車のアンダーステートメントな佇まい、アメ車の豪快さもそれぞれ個別の魅力があります。

 

★スペックと価格のバランスに納得

 

1馬力当たり値段の水準も気になります。スーパーカーは1馬力あたり4万円前後の水準ですが、アメ車は割安なモデルが多いです。コルベットとかコルベットとかコルベット。

あとテスラも期待です。

 

★サイズは気になる

 

これは完全にWATANKO家の住まいの事情です。出入り口とそこに接している道路がともに幅狭なのです。したがって択ぶモデルはできれば全長は4,600mm未満、全幅は1,900mm未満に抑えたいです。でも最終的にはデザインを優先するかもしれません。

 

★メンテナンスも考慮

 

ディーラーがあまりに遠く、貧弱な店舗・サービス体制ですとトラブルや点検・修理の際に心許ないです。最低でも自宅から50km圏内にきちんとしたディーラーの店舗がほしいところです。

 

★毎日乗り回したい

 

これが一番の煩悩です。子どもの頃の憧れに即して考えれば派手なモデルを選びたいところですが、一方である程度普段使いもしたいです。よってこの両極にある願望をどこで折り合いをつけるか、これがおそらくスーパーカー選びにおける最大の悩みどころでしょう。

 

ではWATANKOが買いたい2020年代のスーパーカー候補、いってみます。

なお紹介順序はランキングを表しているわけではありません。

 

1.ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー

 

子どもの頃にあこがれたカウンタックの直系子孫となるとアヴェンタドールなのですが、値段はともかく、ボディが大きすぎてどこへいっても取り回しに超難儀しそうです。派手さ加減ではウラカンでも十二分です。


ウラカン



ただしウラカンの場合、スパイダーが必須条件です。もとのクーペデザインでは天地方向に薄っぺらいデザインなのに、横から見ると運転席から後方にかけて妙に厚ぼったく鈍重な印象があります。これがスパイダーですと切り取られた屋根無しのグラスエリアから後方にむけたラインがドレッシーに映って爽快です。

 

5.2リッター、V10自然吸気。610ps/57.1kgm

 

2.フェラーリ458スパイダー/イタリア

 

ピニンファリーナが最後にデザインした滑らかなフォルムのV8ミッドシップフェラーリ。デビュー当初は正直言ってややグロい印象がありましたが、その後に発表された488やF8のややアメ車寄りになったとも思える直線が強いデザインと見比べると、458のデザインの艶やかさを再認識しました。


458


選ぶなら他モデルと同様にスパイダーといきたいところですが、スパイダーにするとウラカンとは正反対に458はサイドからみたリアセッションがやや野暮ったくみえてしまいます。

一方でグラスエリアをブラックにした2トーンカラーのクーペになるとこれまたかなり素敵であり、この2トーンならばクーペでもいいかなと思わせます。

 

なお最後の自然吸気モデルということで将来にわたり中古車価格が値下がりしなさそうなところもポイントです。

 

4.5リッター、V8自然吸気。578ps/55.1kgm

 

3.アウディR8パフォーマンスV10

 

超未来的なキャビンフォワードデザイン。先代(初代)モデルのライト周りはまるでFSS物語にでてくるMHのような目つきで機械の塊の中に垣間見せる生命体のような印象でとても好きでした。現行モデルはそのような印象は薄まりましたが、未来的なデザインは健在です。


R8

 

ウラカンとの姉妹車ですが、全くテイストが異なる造り分けがなされておりアウディの高品質な印象がバリバリ伝わります。

なおスパイダーもあるのですが、なぜかカッコよくは見えず食指がうごきません。なぜだろう。R8に限ればクーペ一択です。オープンエアドライブをあきらめてもいいかもしれないというくらいデザインが素晴らしいです。

 

5.2リッター、V10自然吸気。620ps/59.1kgm

 

4.ポルシェ911(タルガ/カブリオレ/ターボ)

 

スーパーカーと言えば知名度ではフェラーリと並んで定番中の定番でしょう。デザインや車の成り立ちについてここで多くを語る必要はないと思います。惜しむらくはモデルチェンジを繰り返してきた結果、ホイールベース、全長、全幅いずれも増えてきておりドライバーにとって車を操る一体感が昔のモデルよりも薄れてしまったという声も聞こえます。RRの不安定さ、ホイールベースの短さ=スポーティと捉えられた時代は終わり、サイズを大きくしてグランドツーリング志向を強めたということでしょう。


911タルガ


それにしても911の場合はバリエーションが多いのでモデル選びで大いに迷います。オープンエア志向のWATANKOとしてはカブリオレかタルガに目が向きますが、911ターボのクーペデザインもいい。いやまてよターボにもカブリオレがあるぞと選択の迷宮に入り込みそうです。

 

カレラ/カレラ4(クーペ、カブリオレ)、タルガ4

3.0リッター、水平対向6気筒ターボ、385ps/45.9kgm

カレラS/カレラ4S(クーペ、カブリオレ)、タルガ4S

 3.0リッター、水平対向6気筒ターボ、450ps/54.0kgm

ターボ(クーペ、カブリオレ)

3.0リッター、水平対向6気筒ターボ、650ps/81.6kgm

 

5.シボレーコルベットC8

 

FRがコルベットのアイデンディティかと長年思っていましたが、それを捨てて運動性能の更なる進化を求めて大変身です。戦闘機をモチーフとしたデザインといわれ、なるほどその通りに仕上がっています。欧州メーカーのミッドシップに比べてより攻撃的な佇まいですが、ランボルギーニやフェラーリに比べると単調さが目立つ点も否めません。


コルベット


しかしコルベットの最大のウリはコスパです。495馬力のミッドシップが1,180万円。ガソリンエンジンで同じスペックをもつNSXのなんと半値です。しかも手動ですがタルガトップにもできますし、追加コストを負担すれば電動オープンモデルも選べます。C8になってからは右ハンドルも用意されるのもGoodです。あとは実物をじっくりと見てみたいです。

 

6.2リッター、V8自然吸気。495ps/65.0kgm

 

次点:マクラーレン570S、アストンマーティン・ヴァンテージ、ポルシェケイマン/ボクスター、テスラ新型ロードスター

 

マクラーレンやアストンマーティンもなかなかに素敵です。また冷静に考えればケイマンGT4やボクスタースパイダーでもスーパーカーらしさが少しは味わえますし、コパは良好です。そして未知なる期待株としてテスラの新型ロードスター・・・。

 

(まとめ)

 

どんなスーパーカーを買おうかという妄想を7年ぶりにやってみました。ウラカンや458を選ぶ場合はまず間違いなく普段使いはできませんので、普段乗りに選ぶモデルも検討する必要があります。といってもR8や911も同様かもしれませんね。

 

実は昨年末にMisano(F40)を購入したのは、このあたりも視野にいれた事情がありました。

 

嗚呼、スーパーカー。記事に書いたらまた欲しい気持ちが高まっていくのでした。

 

妻ミサト「・・・随分と豪勢な妄想だこと」

 

WATANKO「評価益を確定させたらそのお金で買います!」

 


 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する