FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

アベノミクス景気は終わっていた-積み立て投資の好機到来

2020/07/30 23:03:00 | 資産運用 | コメント:2件

white-male-

(積み立て投資が面白くなってきました。)


日経新聞記事によると「アベノミクス景気は201810月にて終わり、景気の後退局面に入っていた」と内閣府が発表したとのことです。

 

参照記事

 

2020年7月30日付日本経済新聞 株価は知っていた アベノミクス景気、18年10月に幕

(閲覧には会員登録が必要です。)

 

世間ではすでに4か月前にコロナショックが発生してから不景気感が漂っていたので、多くの人にとっていまさらこの“アベノミクス終了ショック”にはあまり驚かれないかもしれません。

 

しかし長期に渡って積み立て投資を実践する個人投資家にとっては、これは好機到来といえるでしょう。

 

内閣府の発表から推測すれば、景気後退の影響をうけて株式相場は今後しばらく横這いが続くかもしれませんが、やがては明確な下落トレンドに入っていくかもしれません。

 

そうなると毎月の積み立て投資時点における投信の購入単価は決して高いものとはいえず、安値で沢山の口数を変える相場となります。そして相場が再び上昇に転じれば安く大量に買い込んだ口数が一斉にリターンを噴き出してくれます。

 

しかし一方で「ならば横ばいから明確な下落トレンドに切り替わってきたところで積み立て投資を始める、又は一括投資を行った方がもっと儲けられるではないか」と考える個人が出て来てもおかしくはありません。

 

ですがこのように下落に転じたら買おうという発想は下落のタイミングが分かることが前提となっています。この駄ブログにお越しの聡明なる個人投資家諸氏におかれましては既にご理解のとおり、このような前提を伴った投資手法は手堅く資産を増やす視点からみればまったく説得力を欠いたものであることはいうまでもありません。

 

もしも今後の相場が明確な下落トレンドを迎えずにジリジリと下がり、やがて回復に転じた場合はどうでしょう。それならば今からジリジリと下がる間にあっても積み立て投資を続けて反転上昇に備えるべきであります。

 

いずれにしてもアベノミクス景気は終わりました。これからは買値を気にして積み立て投資を躊躇する必要はありません。

 

リスク許容度の範囲内で安心して今日もインデックス投信を買い込むべくネット証券にログインしましょう。

 

WATANKOは毎月の積み立て購入について来月分からeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)に変更しますが、幸先良いスタートが切れそうです。

 

(※)リスク商品の買い込みを勧めるような書きぶりではありますが、最終的な投資の判断はあくまで自己責任にてお願いします。

 

スポンサーサイト




コメント

2020/07/31(金) 09:34:20 | URL | オークX32 #-
「お先真っ暗」 日本株式市場

日本株式市場から資金を引き上げ、今では1306 (5%)と1577(5%)を
保有しているのみ。この先のストーリーを描くと光は見えません。
その理由は
1 逃れられない、人口減少社会
2 劣化が進む、国家の機能 (政府、日銀、行政)
3 成長性を無視する、遅れたルール (証券取引所)
4 弱者から搾取する構造を脱せない、産業構造 (企業)

アベノミクスは2016年の7月、日銀がETF購入を始めた時点で、終わった
と思っています。その後の瞑想ぶりはご存知の通りです。

Re: タイトルなし

2020/08/01(土) 01:08:46 | URL | WATANKO #/uTO8teo
オークX32

コメントありがとうございます。

日本が理想的な資本主義社会から徐々に遠ざかっているかどうかは議論が尽きませんが、私が投資を続けるこの先7年かそこらは投資先としての価値は保てると期待しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する