FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

駄ブログ納会2020-今年もお世話になりました

2020/12/31 00:07:00 | ブログ運営 | コメント:0件

child-1822471_960_720[1]

(今年もお世話になりました)


2020年の大晦日を迎えました。ブログの1年を振り返ってみます。

 

■ブログ記事本数

 

2020年は本稿を含めて合計122本の記事、平均すると3.0日に1本の記事をUPしました。近年の本数は2016167本→2017169本→2018155本→2019134本と年々減少傾向にて推移してきています。

 

今年の減少理由について考えるに以下が挙げられます。


1.コロナショックが発生するも短期間で収束。その後の相場は順調に推移。よって相場変動に関する記事数が伸びなかった。

2.イベント関連もコロナ禍により未開催が相次ぐ。よってイベント参加記事が大幅に減る。

3.不動産賃貸業は大きなトラブルなく、主な記事は最後の不動産取引くらい。ただし不動産投資家としてはトラブルがないのは良き事なり。

4.自動車関連では昨年はマイカーの買い替えがあり記事数が伸びたが今年は無し。妄想は毎日するも記事にまで至らず。

 

来年はもう少し記事数を増やして150本くらいにまで回復させていきたいと思います。

  

■カテゴリー別記事数

 

さて2020年に書いてきた記事について、カテゴリー別に本数を比較すると次のとおりです。比較用として2018年、2019年も列挙してみます。

 

(1記事で複数のカテゴリーに該当するものもあるので、合計数イコール記事本数とはなりません。またRefrain記事は除外しています。)

 

まず2018

2018kiji.png 

 

次に2019

2019kiji.png 

  

そして今年、2020年です。

 2020kiji.png

 

 

インデックス投資関連(左側の「資産運用」から「イベント」まで)の記事は2018年は6割を占めていましたが、2019年は5割にとどまりました。それが2020年ではまた6割に戻しています。

 

記事数で表しますとインデックス投資関連は201970本に対して2020年は76本と前年比で上回りました。一方でそれ以外のカテゴリー記事が2019年よりも少なかったです。その結果、インデックス投資関連のシェアが回復しました。

 

この駄ブログは一応インデックス投資ブログと銘打っていますので、やはり6割くらいのシェアはキープしておかないと雑記ブログになってしまうかもしれません。(もう遅い?)

  

■イベントへの参加

 

次に渉外活動?を振り返ってみます。といいたいところですが2020年は春以降、上述のとおりコロナ禍の影響で集合・対面イベントが軒並み中止となりました。よって参加させていただきましたイベントは次にあげる限りです。

 

●1月 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019」表彰式、さらにその後の懇親会

 

12月 【WEB開催】SBI証券×<購入・換金手数料なし>シリーズセミナー

 

実は2020年の夏から秋にかけては運用会社や金融庁によるWeb形式のイベントがいくつか開催されたのですが、正直言ってあまり乗り気になれず参加を見送ってきていました。

 

上記のほかに個人投資家の方々があつまるオフ会も例年は参加させていただいたのですが、今年はやはりコロナ禍のため機会もありませんでした。

 

これについてはコロナが収束してまた開催される時節になりましたら、懲りずに声をかけていただけますとありがたく、よろしくお願い致します。

  

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

最後に今年もこの駄ブログにアクセスいただいた皆さん、コメントをお寄せいただいた皆さん、Twitterでリツイートや「いいね」に登録されたり、リプライいただいた皆さん、1年間どうもありがとうございます。

 

皆さんからのアクセスやコメントが何よりのブログの更新エンジンであります。

 

これからもこの駄ブログをご笑覧いただき、ご意見ご感想をお寄せいただけますと幸甚です。

  

当ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は、一般ビジネスマン感覚でもって、インデックス投資の実践、不動産投資のリアル、自動車オタクの大言壮語あるいは重箱の隅つつき他を題材とした蓄財と消費のパフォーマンス・ストーリーです。

  

来年もまた皆様にご愛顧いただけますよう頑張って記事更新してまいります。


幸か不幸か年が明けても当面、在宅勤務が続くので、通勤時間がない分はブログ記事を1本でも多くUPしていくつもりです。

 

 

皆様もどうか良いお年を。

 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する