FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。ご連絡はwatanko1967@gmail.comまで。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

2021年2月末運用状況-3億円をむかえた日とこれから

2021/03/02 17:31:00 | 運用状況 | コメント:2件

株式相場は2月も好調であり、215日には日経平均は実に30年ぶりに3万円に到達しました。WATANKOは就職してから今春にてちょうど満30年になります。WATANKOは確実に30年分老けましたが、日経平均は30年前の水準にようやく回復したわけです。

 

いまだ世間ではコロナ・ウィルス拡大防止のために緊急事態宣言の継続やワクチンの注射など対策が施されています。一方で飲食業をはじめとするいくつかの業種・企業によっては深刻な経営不振が見られたり、個人の収入の低下や失業の増大につながっています。

 

しかしそんな中にあって“日経平均3万円回復”は、株式投資を生業、趣味、はたまた資産形成に用いている企業と個人においては未来の経済・企業と株式市場の成長に期待しているサインと見てよいのでしょうか。

 

マスコミ等では3万円回復の要因や今後の見通しについて様々な能書きが散布されております。さらにはそれらを二次加工してばら撒く個人投資家ブロガーも散見されます。それらの筆にはなんらかのシニカルが籠っているものもあります。

 

WATANKOはこれらに惑わされずに、未来の経済・企業と株式市場の成長を信じて、目の前の“日経平均3万円回復”に対して素直な祝賀を送りたいと思います。

 

ということでインデックス投資を始めて156ヶ月が経ちました。2021年2月末の運用状況です。

 

Notes

◆商品名は略称です。

◆アセット毎に、購入順に並んでいます。

◆表中の金額単位は千円です。

◆赤字は現在積み立て購入している商品です。

◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。

◆海外ETFの円換算レートは106.14/ドルです。

◆NISA枠にて購入した商品も含みます。

◆投資待機資金には以下が含まれます。

①購入元本:インデックスファンドの売却により回収した元本、年度ごとに新たに投資に廻す資金

②評価額及び評価損益:インデックスファンドの売却により確定した損益結果及び税還付額等。

 

表中の投資待機資金における①購入元本と②評価損益の差額については、過去に保有商品を売却した際の税引き後の売却益、SBIポイントの還元分、SBI証券のキャンペーン現金還元分等が含まれています。

 

◆評価記号の内容は以下です。

(投資期間の長期化に伴い、201712月から評価基準を引き上げました。)

◎:+50.0%

○:+35.0%+50.0%

△:+20.0%+ 35.0%

▲:+5.0%~ +20.0%

×:+5.5%


20210228表4



続いてバランスファンドに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。


20210228表5

 

さらに「わたしのインデックス(my INDEX)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに過去平均リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

 

●過去平均リターン

6.0%5.9%

●リスク

14.2% (14.5%

●シャープレシオ

0.420.40

 

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は前月末数値)

 

●購入元本+投資待機預金元本分

185,000千円(185,000千円)

●評価損益+確定損益分

117,481千円(108,334千円)

●運用期間

156ヶ月(155ヶ月)

●元本平均残高

78,347千円(77,659千円)

●平均年間利回り

11.5%10.8%

 

<概況>

 

株式アセットクラスは日本、先進国、新興国のいずれも前月から評価額が伸長しました。その結果、資産運用総額は1月末対比で+9,147千円となり、ついに300百万円を達成しました。

 

WATANKOの資産運用は始めた当初、次のとおり設定していました。

 

【資産運用期間】

20083月~20282月を初期設定としました。

40歳になった翌春から始めて、60歳定年を迎えた翌春までのちょうど20年間です。

ただし運用状況によっては最長10年間(70歳を迎えた翌春の20382月迄)の延長もありえます。

 

【資産運用の目標】

投資元本 年間平均10百万円×20年間=累計200百万円

利回り  年平均5%

投資利益 累計100百万円(税引き前)

(投資元本の平均残高100百万円×5%×20年間=100百万円)

資産総額 投資元本200百万円+投資利益100百万円=300百万円(税引き前)

 

利回り目標の試算は簡略に行っています。

上記には退職金および確定拠出年金は含んでいません。

 

上記に対して、運用成績の推移は次のとおりです。


201412月末時点( 82か月経過時点) 資産総額が100百万円を達成

201712月末時点(118か月経過時点) 同200百万円を達成

2021  2月末時点(156か月経過時点) 同300百万円を達成

 

関連記事

 

(続)2014年12月末運用状況-1億円の日とこれから(2015/1/4)

 

(続)2017年12月末運用状況-2億円にとどいた日とこれから(2018/1/3)

 

上述のとおり資産運用を始めた当初は20年かけて300百万円に到達する目標を設定していましたが、13年で前倒し達成できました。目標期間に対してちょうど6割の期間しかかからなかったわけです。なんと運の良いことでしょうか。

 

昨年8月に遊休不動産を売却して得た資金30百万円を運用資産総額に加えた頃からいよいよ300百万円が視野にはいってきたかなと感じ始めましたが、その後に株式相場がグングンと上昇し、20208月末からわずか6ヶ月で評価額が14%も増え、あれよあれよという間に300百万円となりました。

 

13年前を思い出すと長かったと感じ、それが過ぎ去った現在では短かったと感じます。

 

ともかくもオメデトウと自分にメッセージを送りつつ、次回記事で300百万円達成の要因をあげてみます。

 

オメデトウ! WATANKO

friends-2288329_960_720[1]

 


 

スポンサーサイト




コメント

2021/03/03(水) 18:44:36 | URL | ある正社員 #-
3億り人達成おめでとうございます
watankoさんは個別株の投資経験はありませんか?
初期のブログ記事を拝見しましたが当初から投信、ETFでの運用とお見受けしました
私は投資の基本はインデックス投資と心得ているつもりですがついつい個別株に手を出してしまいます
現状地合いの良さにもつられETF:個別株が1:2となっていますorz

Re: タイトルなし

2021/03/03(水) 20:00:32 | URL | WATANKO #/uTO8teo
ある正社員さん

コメントありがとうございます。

私は個別株の経験は全くありません。労多くして得るもの無しと判断しているからです。(あくまで私の考えです。)

世の中の公知公用の情報だけでは他人を出し抜けず、そもそもそれら情報を正しく分析して投資判断を下すことができているかどうかも永遠にわかりません。美人投票みたいな株式予想に人生の限られた時間を費やす気にもなれません。

以上だいぶネガなことを書きましたが、ギャンブルのように趣味として楽しむのではあれば、なかなかに知的なゲームだと認める部分はあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する