FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

TOKとEEM 2013年6月末分配金

2013/07/11 01:47:44 | ETF | コメント:0件

【7月9日終値ベース運用状況速報】

■投資元本+待機資金総額
 55,295千円

■評価損益
(分配金・確定損益・税還付込み)
 16,535千円

■損益率
 29.9%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOの積み立て投資のビークルはインデックス投信であり、保有商品はどれもめったに分配金を出さない(準)無分配型ですが、一方でETFであるTOKとEEMも保有しており年2回、6月末と12月末に分配金が支払われます。さて今回は2013年6月末の分配金について紹介します。

TOKとEEMの過去から現在までの分配金の推移をあげてみます。
(単位は外貨:ドル、円貨:円です。換算レートは99.01円/ドルです)

2013063010




ETFは組み入れ銘柄の合計配当金から運用経費(信託報酬など)を控除した額を全額分配金として支払う定めがあるそうです。さてその分配金については、今では再投資をしたくなるほと海外ETFに魅力を感じていませんし、かつ購入ロットが小さいと手数料負担が大きいので、ここは黙ってもらっておいて外貨MMFに寝かせています。

WATANKO保有分のTOKとEEMについてですが、2つともリーマンショック後の下落中に購入したものであり、まあまあ低い取得価額になっています。リーマン後の円高局面が長いこと続いたせいでトータルリターンはドルベースと円ベースではかなり乖離があったのですが、最近の円安をうけて円ベースでのリターンもドルベースにだいぶ近づいてきました。

ところでiSharesシリーズの先進国株式、新興国株式インデックス連動のETFが東証に上場する昨今、もはや手間がかかる海外ETFへ一生懸命にリレー投資する人がどれだけ残るのでしょうか。インデックス個人投資家ブログでも気のせいか海外ETFを記事としてとりあげる頻度が減ってきたかのように思えます。

WATANKOはといえば当初は今年の資金需要のために2つのETFを売却予定でしたが、ポートフォリオのシンプル化を優先して他のアセットクラスのインデックス投信を売ってしまったために、この2つのETFを売り飛ばす機会を逸してしまいました。こりゃあ、資産運用期間終了後まで保有継続するやもしれません。

保有していること自体もほとんど忘却の彼方にあるこの2つのETFに関してはバイ&ホールドの極みに達しています。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する