FC2ブログ
プロフィール

WATANKO

Author:WATANKO
2008年からインデックスファンドによる資産運用を始めた個人投資家です。またサラリーマンの傍らで家業ともいうべき不動産賃貸業も営んでいます。趣味は自動車にまつわる諸々。

月別アーカイブ
アクセスカウンター

BNDからの2014年10月分分配金+今月の債券雑感

2014/10/10 23:41:33 | ETF | コメント:0件

【10月9日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

59,930千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

25,778千円

■損益率

43.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき海外債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。

さてBNDから2014年10月分の分配金が入金されました。今月は税引き後で231.37ドルです。これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。

201410311

さて債券に関する今月の雑感です。外国債券(ほぼ)不要論が喧伝される中、それでも外国債券をポートフォリオに加えている個人投資家ブロガーもまた散見されます。

彼らが外国債券インデックスファンドをポートフォリオに加えている理由をざっと俯瞰しますと以下なところです。

◆株式オンリーもしくは中心なポートフォリオに比べて、分散効果をより効かせたい。(リスクを抑えたい。)

◆債券アセットクラスに投資する場合、日本債券だけでは地域リスクが大きいのではないか。

◆安定的なインカムゲインが魅力的である。

いずれにしても長期投資を継続するための方策として外国債券をポートフォリオに組み入れていると見受けます。

しかしながら外国債券クラスは外国株式クラスよりも期待リターンが少ないと言われているため、株式クラスよりもさらにローコストな商品が求められます。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する